こんにちは、聡美です。
今回は後鼻漏対策に点鼻薬を常用する危険性について、お話ししていきます。

 

 

点鼻薬は意外と危険?ある男性の点鼻薬を常用した体験談

 

点鼻薬はドラッグストアでも買えるし、値段も安いので手ごろな鼻炎対策になります。
後鼻漏に一度なって「もう二度となりたくない」と思っている人にも、人気があります。

 

 

 

私も後鼻漏になった経験があるので、もう二度となりたくないですね。
なので対策は万全にしています。

 

 

私はきちんと後鼻漏について調べたうえで対策をしているのですが、中にはよく調べないで
勘で対策をしている人もいるようです。
勘で行っている対策の中には、間違っていたり逆効果なものもあります。

 

 

ある男性の体験談によると、後鼻漏にならないようにドラッグストアで点鼻薬を買って、
毎日使っていたそうです。そしたら、風邪をひいていないのに、鼻づまりになって後鼻漏
になりかけてしまったのです。

 

 

後鼻漏対策のために点鼻薬を常用していたのに、症状が悪化してしまった。
こういう話はこの男性の体験談以外でも、よくあります。
どうして鼻の症状にいいはずの点鼻薬を常用すると、逆効果なのでしょうか?

 

 

点鼻薬の常用がよくない理由。含まれている成分が原因

 

点鼻薬の常用がよくない理由は、含まれている成分に問題があるからです。
短期間だけ使えば問題がないのですが、常用には向きません。

 

 

 

点鼻薬には血管収縮剤と呼ばれる成分が含まれています。
この成分には、炎症を起こして腫れてしまった鼻粘膜を収縮させる効果があります。
腫れていた粘膜が収縮すれば、ふさがっていた鼻の穴の通気がよくなります。

 

 

鼻水がスムーズに排出されるようになるので、鼻詰まりが解消するのです。
鼻詰まりや鼻炎にいいし、効果も強い成分だそうです。
でも、常用しているとどんどん効かなくなってきます。

 

 

そしてステロイドのようにリバウンドをしてしまい、かえって腫れてきたりするのです。
血管収縮剤が含まれている点鼻薬を常用すると、「点鼻薬性鼻炎」になるそうです。
これは中毒症状とも言われていて、点鼻薬をしばらく使えなくなります。

 

 

この血管収縮剤は市販の点鼻薬には、ほとんど100%入っています。
また説明書には1日5〜6回まで使っていいと書かれていますが、これでは少し多いですね。
最初は1日2〜3回くらいにして、症状がよくならなかったら回数を増やすようにしましょう。

 

 

そして、1週間以上は使い続けない方がいいでしょう。
後鼻漏の症状を抑える場合でも1週間使って効果がなかったら、別の方法を試してください。