放置するとどうなるの?後鼻漏が悪化した後の症状とは?

こんにちは、聡美です。
今回は、後鼻漏を放置するとどうなってしまうのか実体験を元にお話しします。

 

 

後鼻漏を放置するのは危険?私の体験談

 

私は1年くらい前に風邪をこじらせて副鼻腔炎(蓄膿症)になりました。
それでも仕事が忙しく病院へ行けなかったので、放置していたら後鼻漏になりました。

 

 

 

後鼻漏とは鼻の奥の副鼻腔に炎症が起こって、膿が溜まってしまう病気。
鼻の奥で鈍痛がしたり、臭いがわからなくなったりします。
それだけじゃなく、膿がのどの奥に落ちてきて口の中がネバネバするのです。

 

 

よくおじさんが朝起きてすぐに「カーッペッ!」と痰を出していますよね?

 

 

あれは実は痰ではなく、のどの奥に落ちてきた膿なのです。
「うちのお父さんはもう何年もあれをやっている」という人は、お父さんはかなり
前から後鼻漏ということになります。

 

 

後鼻漏を放置しているとあなたも朝起きたら同じようにしないと、口の中が気持ち
悪くて耐えられない感じになっていると思います。

 

 

私も後鼻漏になってからしばらく放置していたら、朝起きてすぐに痰を吐く習慣が
つきました。最初は薄い黄色っぽい痰を少量履いていただけだったのに、黄色が
どんどん濃くなっていって、痰の量も増えました。

 

 

今思えば、膿が多く出るようになって濃度も濃くなっていたのでしょう。
このまま放置していると副鼻腔にどんどん膿が溜まって、頬や眉間の奥にある
多くな副鼻腔を埋め尽くしてしまいます。

 

 

すると、頭痛だけではなく、眼球が内側から押されているような感覚になり、
眼球が圧迫されることで視力も落ちてしまいます。
視力を失うまではいかないものの、度が強い眼鏡が必要になりますよ。

 

 

ほかにも、さまざまな健康被害が出てきて生活の質が下がってしまいます。

 

 

後鼻漏を放置していると生活の質が下がってしまう

 

後鼻漏を放置していると、生活の質が下がってしまいます。
例えば、臭いがわからなくなって味もわからなくなってしまうのです。

 

 

 

副鼻腔に膿が溜まるのは鼻詰まりなどの症状があるからです。
鼻詰まりを放置していると、臭いがわからなくなります。
そして臭いがわからなくなると味もわからなくなるので、食事が楽しめなくなります。

 

 

また起きている間も寝ている間もずっとのどの奥に膿が落ちてくるので、不快です。
熟睡できなくなるし、起きている間は集中力がなくなります。
後はのどの痛みですね。同じ部分に膿が落ちてき続けるので、炎症を起こしてしまいます。

 

 

ある男性はしゃべりづらくなるほどに、のどが痛くなったそうです。